Pico Tie

 

 

大好評!“Makuake”にて先行販売中!応援購入は下の画像をタップ!

 

 

腕時計は、男のロマンを象徴するアイテムの1つ。単純に時間を知らせてくれるだけでなく、同じ時を刻むことで苦楽を分かち合い、時には自信を与え、時には腕元からエールを送ってくれる。

腕時計が特別な存在に思えるのは、人生という“長い旅路”を共に歩む仲間であることが大きいと言えるのではないでしょうか?

そういった大切なアイテムだからこそ、時代の先端をいく「スマートウォッチ」にも一切の妥協を許さず、自分にとって最高の相棒を選びたいと思うのは当然のこと。

ただ、こだわりが強いがゆえに、「探してはいるものの大本命と呼べる1本がない」「購入検討したけど選びきれなかった…」という方は少なくないはずです。

 


『Pico Tie』は、世界最大級の液晶メーカー・HannStar(ハンスター)が展開する、エレクトロニクスブランド・HANNspreeが手がけるスマートウォッチ。同ブランドの商品はスタイリッシュなルックスが特徴で、2002年の誕生以来、人気を得ています。

 
今回『Pico Tie』でこだわったのは、伝統の技術とスマートウォッチの融合。
ガジェットでありながら、高級感あるクラシックエレガントな仕上がりを目指しました。

製作を依頼したのは、30年近く伝統的なアナログ時計の開発、ブランドデザイン、プロダクトマーケティングに携わってきた時計職人のMr.Johnny氏。

同氏は、エレガントなフランス時計: ELLEシリーズや、トレンディなアメリカ時計: NIXON、100年の歴史を持つイギリスの自動車ブランド: MGとの共同ブランド時計など、数々の魅力的な腕時計を世界中に届けてきました。

 


「メッセージ通知」機能は、メールや電話などスマホに届いた連絡を『Pico Tie』にも知らせることができます。スマホ側の設定次第で『Pico Tie』に、メッセージ内容も表示可能です。

  ※心拍数:運動時の身体状況を測る目的での測定 

 

『Pico Tie』は、ディスプレイのほかにも高品質な素材を採用。なかでも、ヘルスケアを司る「センサー」へのこだわりは強く、PXI社、Media Tek社、BOSCH社のプレミアムなセンサーを使用しています。

廉価なスマートウォッチでは、センサーの精度が低いケースも多く見受けられますが、『Pico Tie』は精度の面でも自信があります。

専用アプリでスマートフォン(以下、スマホ)と連携すれば、運動時の身体状況をモニタリングすることが可能。グラフ表示などでわかりやすく見える化してくれるから、変化を察知しやすく、とるべき行動につなげやすい!

 

大好評!“Makuake”にて先行販売中!応援購入は下の画像をタップ

 

 

 


『Pico Tie』では、6.8mm※という薄さにとことんこだわりつつ、ベゼルにハイグレードなステンレス素材のSUS316L、カバーに高い透明度と強度を誇るコーニング ゴリラ ガラス 3を採用することでエレガントさを演出。また、クロコ型押しの牛革を使ったベルトやリューズ(押しボタン式クラウン)の存在も、アナログ時計のような味わいを引き出しています。

厚みが1cm以上もあるスマートウォッチが多いなか、特別なオリジナリティといえます。薄型&軽量でありながら、文字盤は1.39インチの大きめで操作がしやすい点もうれしいポイント。

※装着時の実際の厚み。センサー部分まで含めた外径:8.7mm

 

スーツの着こなしは、腕時計とシャツの袖とのバランス感によっても明暗が分かれるもの。『Pico Tie』は超薄型のボディだからシャツの袖に引っかかりにくく、また動作の邪魔もしないので、スーツ姿がスタイリッシュにキマること間違いナシです。

 

機能がミニマルだからこそ、6.8mmという薄型フォルム、42g※という軽量なボディを実現しました。薄型で軽いから長時間着けていても疲れにくく、仕事にトレーニング、家事、睡眠時間など、どんな生活のシーンにもスッと馴染みます。

※ベルト部分含む。ベルトなし:30g

 

HannStarは低エネルギーかつ高品質な液晶パネルの研究開発、製造、販売を行いAmazonやHuawei、Samsungといった大企業にも技術提供している世界的なメーカーです。

『Pico Tie』には、もちろんHannStarの有機ELディスプレイ(AMOLEDディスプレイ)を使用。視認性の良い、きれいな液晶画面も魅力の1つです。

 


バッテリーの持続時間は、日中から睡眠時間までしっかりカバーできる約2日間のロングタイプ。これはディスプレイ表示を常時ONにした場合の最短の持続時間なので、時間を見るなど、何か動作したときにだけ表示する設定にした場合には、持続時間はさらに長くなります。

充電時間は、0%~100%までフルで行う場合は約2時間。バッテリー残量がある状態で行えば、フル充電にかかる時間は短くなります。たとえば入浴中など、時計をはずすタイミングでこまめに充電することを習慣づけておけば、「大事な場面でのバッテリー切れ」を防ぐことができるはずです。

なお、USB(Type-C)での充電なので汎用性が高く、仕事中はもちろん出張や旅行に出かけた際にも、充電器の上に置くだけで簡単に行うことができます。

 


IEC(国際電気標準会議)規格で規定されている保護等級は「IP67 ※」と高水準なので、移動中に突然雨に振られたり、トレーニング中に汗をかいたり、水仕事をしたりと、日常使いなら濡れてしまっても慌てる必要はありません。

※IPはIngress Protectionの略で「侵入に対する保護」という意。『Pico Tie』は、「人体・固形物体に対する保護」が6段階中6(完全な防塵構造)、「水の侵入に対する保護」が8段階中7(水面下・15㎝〜1mで30分間、水中に沒しても水が浸入しない)の評価。それぞれ数字が大きいほうが等級が高いことを指します。




『Pico Tie』には、20種類以上のウォッチフェイス(文字盤バリエーション)が用意されているほか、自分の好きな画像を設定することもできます。

 

TPOによって使い分けができるので、ビジネスはもちろん、スポーツ、プライベートと、さまざまなシーンでの利用にマッチします。

 


上品な牛革ベルトのほか、今回はアクティビティな場面にぴったりなシリコンゴム製の替えベルトも特典で付いてくるので、より一層カスタマイズが楽しくなります。なお、ベルトの付け替えは、馴れてしまえば30秒程度で可能です。




専用アプリ「iSmarport」(iOS、Androidともに対応)と連携すると、データを定期的に同期するため、より一層パフォーマンスを発揮します。

 

  


一般的に“スマートウォッチができること”を一覧化。そのうち、『Pico Tie』ができること/できないことに「◯ ✕」で印を付けました。検討中の製品がある方は、ぜひ参考にしてみてください。





時計はもちろんパッケージも、まるでブティック仕様の気品ある佇まい。ギフトカード付きというユニークさもあって、自分へのご褒美としてはもちろん、ギフトとしても喜ばれることでしょう。

大好評!“Makuake”にて先行販売中!応援購入は下の画像をタップ